Beavers' Yoga~カナダライフ~

Working holiday in Canada since Nov 2016

29歳女子、仕事を辞めて海外在住。留学・ワーホリに行くかたの参考になればいいな♪と思っています。マッサージセラピストであり、マッサージスクールのディプロマ取得を目指しています。話しかけてくれるとよろこびます^^  ☆☆応援ポチっとおねがいします→ にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村     にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

5ヶ月のカレッジ留学期間で英語力はメキメキ伸びた!

こんにちは。

 

6月のバンクーバーは寒かった。

 

毎年6月末から1週間にかけて、JAZZ FESTIVALが開催されます。

今年も、芝生でchillしてのんびりしてきました!

一瞬太陽が出て、暑いぜ!ってなった瞬間が一番盛り上がりました^^

 

 ーーー

本題。

大学生の頃から、海外留学するなら、

 

「英語の勉強」

 

ではなく、

 

 

英語で「専門分野」の勉強をする!と誓いを立てていたメリッサです。

 

やっと、長年の夢がかなったんですね・・。長かった・・。

 

 

 

実際、通学中は毎日インプット量が多すぎて、いっぱいいっぱいでした。

終わってしまうと、毎日が本当に濃厚で楽しかったという美しい思い出です。

 

 

通った期間は約5ヶ月間。

 

語学学校は一般的に3ヶ月の方が多く、カレッジ(専門学校)は1年通って1年のワークビザをもらう人が多いので、カレッジしてはかなり短いですが、英語力を伸ばすためには十分な期間だったのかなと思います。

 

授業内容は、かなり短期間に盛りだくさんでしたが^^;

(うちのスクールには、同じ内容で修了に約1年かかるコースもあります)

 

ーーー

本当に英語力は伸びたのか、気になりますよね?

 

 

結論から言うと、かなり伸びました!!!

 

 

北米のTVドラマを字幕なしで観ても、何を喋っているかはっきり聞き取れます。

クラスメートと冗談を言い合って笑える会話が出来ます。

 

TOEICやIELTSをまだ受けていないので、数字で証明出来ませんが・・。

 

ーーー

 

では、どんな風に英語が伸びていったのか振り返ってみたいと思います。

 

私の学校環境はこんな感じ。

・授業の内容は全て英語

・人体学や経営学など、バラエティ豊富な授業

・クラスメートは固定16名

・クラスメートはほぼ全員ネイティブ

・毎週テストあり

・毎日8時間、週5日

・週に1日student clinicにて実際に働く

 

初日、クラスメートとお互いを知るために授業の中で、

ペアを組んで、相手に10個質問をして、それを全員に紹介しました。

ところが、質問が決まっていて、それを読み上げるのにも緊張しましたし、

 

相手の答えもうまく聞き取れなくて、かなり焦りました。

 

相手は2児の母で、○歳の息子が〜って早口で喋り出すと全然わからず。

特に、名前が聞き取れなかったり。

 

そんな私でも、周りが全て英語の環境に身を置いていると

 

最初の1ヶ月目は、自分が覚醒していくような感覚があって、かなりワクワクしました!

 

毎日、自分の課題を感じて、それをクリアしていってる感じ。

「今日は、クラスの○○に、話しかけて〜を聞いてみよう」

「今日は、先生に〜の質問をする」

「○○の口癖を真似してみよう」

とか、そんな小さなことを一つずつ確実にクリアしている感じ。

 

みんなフレンドリーで優しいので、誰でも話しかけやすかった。 

 

3ヶ月近く経った時から、だんだん 焦りが出てきました・・。

 

もうこの頃は、クラス全員が仲良くて、授業にも慣れて、逆にだんだんサボったりする子も出てきた時期。緊張感がないので、授業中も無駄話が多くなってきました。

 

もちろん、私は真面目に授業を聞いてたけど、「ああ、私も無駄話できるくらいになりたい」と思ってました。

 

クラスメートのギャグとかも正確には聞き取れてなかったりして。

 

少しずつ、確実に英語は伸びてるけど、期待していたよりはペラペラ喋れてないなあとがっかりしたりして。

 

どうしても、発音がうまく出来なくて、長い文章を朗読とか出来ないんですよね。

 

ーーー

そんな頃、ひとり10分間のスピーチをする授業がありました。

 

準備期間は、たっぷりあったにも関わらず、ぜんっぜん内容が決まらなくて・・。

 

結局、当日にみんなのスピーチを聴きながら、内容を考えました。

 

内容は、一応「パーソナルスペース」を自分の体験談と絡めて。

 

日本のスパで働いていた時の体験談を話すことで、みんなにも興味を持ってもらえた気がします。

 

この時に、めっちゃくちゃ緊張したのですが、私が話し始める前にクラスメートが盛り上げてくれて、すごい助かりました。

 

とにかくなんとか10分話し続けることができました。

 

この経験は、自分にとって結構大きな成果を感じることができたと思います。

 

ーーー

実は、卒業する当日も10分のスピーチがあったのです。

1回目のスピーチから約3ヶ月、2回目はもうスラスラと言いたいことが出てきたんですよね。

 

気づいたら、あっという間に10分経ってました!

 

しかも、私がスピーチの中でみんなを笑わせてたんですよね。

 

もう本当に最高でした!

 

クラスの子にも、「1回目の時と、全然違う!ワオ!本当に英語うまくなった」 って言ってもらえました。

 

ーーー

上達したコツは、英語を毎日聴いていた、声に出していた、ことに加えて、

 

ネイティブが話す時の、会話の切り出し方やあいづち、あと間の取り方や態度やボディランゲージが自然と身についたことだと思います。

 

そして、聞き取りが上達したので、会話の切り返しや反応がめちゃくちゃ早くなった自信があります!!

 

 

会話って、無理に話し続けなくても続けられるものだと思うのですが、以前は、間が持たないと諦めて、会話終了しちゃうことが多かったように思います。

 

結局、ネイティブのように流暢には話せてないけど、どう言ったらみんなが笑うのか、とか難しい言い回しが使えなくても面白い会話ができるようになってきたと思います。

 

 

ーーー

最後に、スピーチの直前に何度も見ていた動画を紹介します。

 

私は、国際人=喋る力、伝える力がある人だと思っています。

 

たとえ、相手のいってることが聞き取れなくても、自分が表現できればコミュニケーションはうまくいきます。

 

しかし日本人の傾向として、ペラペラたくさん話すよりは、要点をバシッと喋る人が多いと思います。私も、割と言葉数が少ないタイプです。

 

その本質の部分はあまり変えなくても、人を惹きつける話し方はできるはず。

 

彼らの動画から、私はかなりそのヒントを得られたと思います。

plus-life.jp